1. TOP
  2. ブログ
  3. ビジネス
  4. ホームページ制作のベストウェイ

ホームページ制作のベストウェイ

yui webの外注イメージ

ホームページは外注した方がいい

結論から先に申し上げればホームページ制作は外注するのがベストです。以下にその理由についてご説明いたします。

本業に集中すべき

技術革新に基づく情報の共有化によりホームページ作成に関する情報は溢れています。ホームページ作成のために書籍などを購入しなくても、他者の作ったホームページからホームページ作成の知識を得ることができます。そして、その知識を具現化するために時間と労力を使いDIYでホームページを立ち上げることは難しいことではありません。しかし、その時間と労力はあなたが本業とする業務に充てるべきなのではないでしょうか。

例えばあなたがレストランのオーナーシェフであれば、ホームページの勉強をするよりも、料理の腕を上げた方がお客さんは喜んでくれると思います。お客さんの目的は、おいしそうな料理の写真をホームページで見ることではなく、おいしい料理を実際に食べることなのですから。

アイデアの検証ができる

仮にあなたがウェブエンジニアとしての経歴を持つオーナーシェフであったとしたら、お店のホームページをご自身で作ることは難しくないでしょう。自分のビジネスについてのホームページですから、きっと納得のいくものができると思います。しかし、それで十分でしょうか。

ホームページ制作とは、メニューや営業時間などを洒落たデザインにして公開するだけのものではありません。あなたのビジネスの魅力をユーザーの視点に立って引き出すところから始めなければなりません。しかし、灯台下暗しといいますか、自身のことを正しく理解することは難しいものです。DIYで見栄えの良いホームページを作ったとしても、誰かに「これでいいかなぁ?」と尋ねてみたくなるのではないでしょうか。

ホームページ制作を外注するればこのような問題を解決できます。外部からの視点を導入することであなたのビジネスに関するアイデアの検証が可能になります。

 

経営基盤を強化できる

経営基盤の構成要素として『ヒト・モノ・カネ・情報』が挙げられると思いますが、ホームページ制作を外注することでそれらを強化することができます。

ヒト・モノ・カネについては、通常のアウトソーシングと同じように固定費の削減や設備投資が不要になるなどのメリットが得られると思います。しかし、ホームページ制作の場合、『情報』に関して通常の外注とは大きく異なります。

ホームページという情報を伝達し収集するためのメディアを取り扱う外部業者と取引を行うことで、得られる情報の質と量が大きく変わってきます。そして、どのような情報を得られることになるかといえば技術的なこともあるかと思いますが、マーケティングに関する情報が大きいと思います。

ホームページ制作とは、単にホームページを作成して納品するだけではなく、依頼主の製品やサービスが売れていくような仕組みづくりをすることです。その仕組み作りをするためには経験と人脈に裏付けされた情報が必要なのです。この点に関してYUI Webの代表は中小企業診断士でありビジネススクールで経営情報修士も取得しておりますので経験と人脈を駆使した有意義な情報を提供できるものと自負しております。

 

YUI Webのホームページ制作については『お客様を増やせるホームページ制作』をご覧ください。
ホームページ制作のご相談は『YUI Webの無料相談』をご利用ください。