1. TOP
  2. ブログ
  3. ビジネス
  4. 小商いであることの恩恵

小商いであることの恩恵

小商いのイメージ

このブログの最初の投稿でつぎのように書きました。

ホームページ制作という自分のビジネスを小商いとして位置づけるところから始めたいと思います。

しかし、これは店主の思いを語っただけでお客様にとっての便益については触れていません。それでは、お客様にとって取引先が小商いであることのメリットは何でしょうか。

今回はお客様がYUI Webという小商い的サービスを利用することで得られる恩恵について書いてみます。

まず、『小商い』について Weblio辞書 で調べますと以下のように記載されています。

小規模な商売。また,取引額の小さい売買。

しかし、これではメリットは見えてこないですね。ですので、YUI Webとしての小商いをシンプルに定義してみます。

請け負った仕事を全うすること。

仕事を完遂することは至極当然のことなのですが、IT関連では徹底されていないケースが散見されます。炎上案件というキーワードでネット検索をすれば多数ヒットする状況です。炎上(受託案件が頓挫すること)する原因はいくつもあるでしょうが、よくある原因として受託側のコミュニケーションの不全が挙げられます。営業担当者、ディレクター、プログラマーなどのスタッフ間の意思統一というか情報共有ができていないため機能不全に陥ってしてしまうものです。

この点に関してYUI Webのスタッフは店主しかおりませんので問題は起こりえません(健忘の影響はあるかもしれませんが)。お客様に約束したことは確実に実行いたしますし、実行できないことは約束をしません。

しかし、石橋を叩いて渡りたいお客様であれば、一介のフリーランスの約束は信用するには足らないと思われるかもしれません。そこのところは、お客様に上質なサービスを提供するために中小企業診断士の資格や経営情報修士の学位を取得したことでご容赦いただきたいと思います。

なお、資格や学位を鼻に掛けているわけではなくて、「大丈夫です!」、「信用してください!」、「頑張ります!」、というような意味のない言葉を重ねるよりは客観的な指標になるかと考えているだけですのでご理解いただきたいと思います。

 

このように地味に商売を営んでおりますが、ホームページやネットマーケティングにご関心がございましたら『YUI Webの無料相談』をご利用ください。

居心地のよい酒場のバーテンに話すように、リラックスした状態であなたのビジネスについてゆっくりと語ってください。

批判や否定をすることなく傾聴させていただきます。